soundMAC

SOUND MAC|オーディオ、中古オーディオ、ホームシアターなど音響機器を取扱っています。

コンテンツ

Pure Audio

Home Theater
 

sound MAC report


news はこちら
 
mac-room はこちら


ブランド・アルファベット別
 記事目次

 
A~D    E~L    M~Z
 
ブランド・アルファベット
ダイレクト目次


A,  B,  C,  D,  E,
F,  G,  H,  I,  J,
 K,  L,  M,  NO,
 P,  Q,  R,  S,  T,
U,  V,  W,  YZ

 
カテゴリ別 記事目次

USBオーディオ

ネットワーク・オーディオ


アナログ

真空管、球アンプ 

ビンテージ・オーディオ

防音、調音

オーディオ・アクセサリー

コンパクト・コンポ

ヘッドホーン

プロジェクター・シアター

AV


    お問い合わせ➡
 
         

商品カテゴリ


    お問い合わせ➡
 
         

sound MAC 現金買取フォーム

 

メール会員登録

 

ソニーストア

 
ソニーストア
HOME»  NEWS»  NEWS»  DENON AVサラウンド・レシーバー AVR-X6400H

DENON AVサラウンド・レシーバー AVR-X6400H

DENON AVサラウンド・レシーバー AVR-X6400H

日本国内初のAuro-3D®対応 プレミアムAVサラウンドレシーバー

NEW AVR-X6400H 発売


Auro-3D®はソフトはまだ少ないですが
音響的に非常に圧倒的、リアルな臨場感が味わえます。

2010年から始まった​Auro-3D®ですが、
クレジットされているソフトはまだ少ないですが2014年以降のニュー・イヤー・コンサートなど
隠れAuro-3D®ソフトが結構存在しているようです。

AVR-X6400Hの入力信号インフォメーションにて確認できます。

Auro-3D®の具体的なスピーカー配置は(厳密には)従来の5.1chにプラスフロントハイト
+サラウンド(リア)ハイトの4ch、もう一つは天井(リスナーの真上)1chのスピーカーで構成されます。
これで合計13.1ch(10.1ch)となります。






ただAVR-X6400HAVR-X4400H は5.1chにプラス フロントハイトスピーカーだけでも簡易Auro-3D®を楽しめるように
ソフトが内蔵されています。

街を散歩しているコンテンツなどでは
街の圏騒音が広がり、2階の物音、空の鳥の音まで聴こえるようです。
同じ場面でも従来の5.1chだけですと高さを感じなくなり、音だけ地下街を散歩しているような感覚です。

Auro-3DRのソフトは音楽ソフトが主なようですが
Auro-3DRソフトではなくてもYouTubeなどの街散歩コンテンツを観ても期待できそうです。


Auro-3D®のフルバージョンはまだ聴いていませんが、
フロントハイトスピーカーだけの簡易Auro-3D®と通常5.1chサラウンドとの比較、
ここの線引きだけでも決定的に効果が違います。

新たな工事や配線などは大変だ・・と言われる方ににも
1セットフロントスピーカーの上部にフロントハイトスピーカーと呼ばれるものを追加するだけで
気軽にしかも大きな効果で楽しんでいただけます。CPが高いです。




上からOPPO「UDP-205」Pioneer「SC-LX701」、DENON「AVR-X6400H



只今キャンペーン・セール中です。お求めはこちらからどうぞ➡

 

2017-10-27 12:17:17

NEWS

 

sound MAC report     news へ     mac-room へ

ブランド・アルファベット    ブランド別 A~D   ブランド別 E~L   ブランド別 M~Z   

A,  B,  C,  D,  E,  F,  G,  H,  I,  J,  K,  L,  M,  
 
N,  O,  P,  Q,  R,  S,  T,  U,  V,  W,  X,  Y,  Z     2017年4月 オーディオ製品 価格改定リスト      

Home      Audio商品      Theater商品      Used商品       Pure Audio       Home Theater