soundMAC

SOUND MAC|オーディオ、中古オーディオ、ホームシアターなど音響機器を取扱っています。

コンテンツ

Pure Audio

Home Theater
 

sound MAC report


news はこちら
 
mac-room はこちら


ブランド・アルファベット別
 記事目次

 
A~D    E~L    M~Z
 
ブランド・アルファベット
ダイレクト目次


A,  B,  C,  D,  E,
F,  G,  H,  I,  J,
 K,  L,  M,  NO,
 P,  Q,  R,  S,  T,
U,  V,  W,  YZ

 
カテゴリ別 記事目次

USBオーディオ

ネットワーク・オーディオ


アナログ

真空管、球アンプ 

ビンテージ・オーディオ

防音、調音

オーディオ・アクセサリー

コンパクト・コンポ

ヘッドホーン

プロジェクター・シアター

AV


    お問い合わせ➡
 
         

商品カテゴリ


    お問い合わせ➡
 
         

sound MAC 現金買取フォーム

 

メール会員登録

 

ソニーストア

 
ソニーストア

アキュフェーズ 公開クリニック&試聴会(主力機種が勢ぞろい!)


日時  5月11日(土)
       5月12日() 盛況のうちに終了いたしました。

場所  サウンドマック当店にて

二日間はアキュフェーズの
技術、サービス、営業 3名のスタッフが常駐しており、
アキュフェーズ製品 修理/点検を
お客様立ち会いのもとで行わせて頂きます。

クリニックは事前にご予約が必要となります。 
⇒スタッフまでメール、TELなどでお申し込みください。  

 
公開クリニック当日特別価格 (事前ご予約が必要となります。)

保証期間内 :無償    
保証期間外 :有償    
     
CDプレーヤー(DP-○○○) 
3年以上5年未満   ¥3,000+部品代  

CDプレーヤー以外の製品  
5年以上10年未満   ¥5,000+部品代  
10年以上20年未満   ¥8,000+部品代  
20年以上   ¥15,000+部品代  
 上記金額には消費税は含まれません  

注意事項     
(A)  当日は保証書とメンテナンス製品をお持ちください。      
(B)  保証期間内であっても保証登録のない場合は有償になります。         
(C)  当日修理が不可能な場合は本社送りとさせて頂きます。  
(D)  修理はお客様立ち会いのもとで行わせて頂きます。  

 1件に付き約1時間かかります。 
一部の旧製品の症状によっては修理不能の場合もございます。
二日間のご予約数も限りが御座いますので、お申し込み時にお尋ねください。


4/20 追記

ご予約を承りましてまだ数日ですが、
既に12日()のご予約が結構入って埋まってきています。

11日(土)ご希望ご予約はまだまだ今からですが、
12日()ご希望の方がいらっしゃいましたらお早めにどうぞ!


4/27追記

主力製品 試聴機器続々入荷!

ご試聴の方は、予約は必要ございません。

本日からでもどうぞお立ち寄りください。


CDプレーヤー
DP-410、 DP-550、 DP-900 DC-901

プリアンプ
C-2420C-2820C-3800



パワーアンプ
A-46A-6100
A-65A-200  

プリメイン
E-460 、 E-560E-360PS-1220ほか引き続き入荷予定
 
お好きな組み合わせでどうぞ!




5/11 AM 始まりました。
 
スナップ

サービスの高橋さんがDP-75のメカを外しています。




DP-75のCDトランスポートが外されました。

本体はメカ部がすっぽり抜けています。
いつもは、あまり見れない光景です。




トランスポートの上カバーも外されメカ部が裸状態に・・

動作部をクリーニングした後、
消耗する部品(ベルトなど)の磨耗した状態と新品部品をオーナー様の前で比較・・




消耗した部品は見ただけで全然変わり果てています。

この後、電源部、アンプ部のコンデンサー二つとロードスイッチを交換。

測定後、組み立てとスムースに進みます。
最後に音だし、チェック、ばっちりです。


それにしても、こんなに手際のよいサービスマンの方は初めてお目に掛かりました。
しかもタフな方です。本日も何台こなされたでしょうか・・

加えて高橋さんは大のカープファンらしく、
関東圏から広島のマツダ・スタジアムまで2泊3日の強行軍でよく来られるそうです。
親しみがわきます。(笑)

5/12   スナップ

本日の一台目はE-350

目立った症状はメーターのランプが暗くなったとのこと・・




ランプ基板修理とランプ交換後

オーディオアナライザーでひずみ率ほか検査




高橋さんは回路動作の解説までオーナー様に細かく説明をされていて
まさにプレゼンテーションもお出来になるスーパー・サービスマンです。




オシロでスイッチのガリオームなど検査



使用年数の経ったアンプは、音だけ聴いたのでは分からないのですがオシロスコープで見ると劣化してきている部分がよく判ります。


スナップ

こちらはC-3800、A-46、DP-550など只今、大ヒットモデルを設計、もしくは携わっておられる
田尾さんによる解説付き 試聴ルームとさせていただきました。



スタッフとの雑談のなかにも、比較的リーズナブルなアンプのなかでは
A-46をBTLで使用すると更にすごい! とわが子のようなA-46にも愛情が溢れます。






何故BTLがよいのか・・も設計に素人の私たちにアース電流の行く先、信号増幅時の電流の向きなどを図に描いて説明いただきました。
バランスのような動作をするということです。

BTLは本当にメリットだけなのか、 動作時の高調波歪について、
聞きかじりの古い定石で食い下がってみましたが、
実際に実測でも悪くなるデーターは無いそうです。

もちろん、
ダンピング・ファクターの件も織り込み済みですが、
最終はオーナー様のお好みということで。
アキュフェーズ関連記事

A~D   E~L  M~Z